甘野さん

投稿日:

「甘野さん」

著:ひさきさき 

■あらすじ
甘野って名前の癖に甘さが皆無だって噂の。ほとんどしゃべらないって噂の。表情筋が死滅してるって噂の。

 

============================

このところ、へまをやらかす。
よく、間一髪でギリギリセーフっていう状態になる。
ん?これ、ラッキーってことか?
そうだ。突然電柱が倒れてきて鼻先すれすれで助かったり、居眠り運転の車から突っ込まれそうになったけどギリギリで運転手が目を覚まして回避したり。
きっと、最近強運なんだ。

そう、思うことにした。

「おい、日直。潮見、潮見」
「なんだ矢口」
昼休みに何の用だ黒板は消したぞ、と口を添えると「違う」と軽くあしらわれた。
「じゃあ、何の用、」
「これ」
突き出されたのは花瓶。
花が咲いてあったはずの花瓶。
「は?」

「朝、ちゃんと水変えたかのか?」

花瓶には今朝変えたはずの花の水と、今朝は蕾だった花があった。
異様にカラカラに枯れてしまった花が、かろうじて原形をとどめていた。
「は?」

「水の問題なのか知らないけど、俺が見たときはそうなってた。なんなんだろうな……って、おい!潮見!」
矢口から花瓶を奪って、俺は走っていた。

確かに蕾だったのに、確かにその花は咲くはずだったのに。
咲くこともできずカラカラに枯れてしまった。花がどう、とかいう類の精神は持ち合わせてはいないけど明らかな異常に目を瞑ってられない。
俺は花について知らない。
だから、餅は餅屋。花なら、園芸部だろ!
だから、知り合いの園芸部の1年生のもとに走った。
園芸部にどうにかできるわけがないことくらい知っていた。
でも、俺はこの現象を説明してほしかった。

とにかく、急いで1年生の教室に向かおうとしていた。
だから、忘れていた。

「あ」
「!潮見先輩、またですかーーー!?」

1年教室までの階段。
この階段で、2年になってから計6回、
一番上で躓いて転がりながらもなんとか無傷で階段を降りるというパフォーマンス的なことをやらかしているのだという事を。

4回くらいこの現場に居合わせている後輩たちから見守られながら、
7回目の浮遊感を感じた。

「よっと、」
やはり無傷で何とか着地を決めた俺の隣で

バシャッ

「………」

この現場に初めて居合わせた女子生徒に、花瓶の中身をぶちまけた。

「ご!ごめん!!すみません!!!ほんと、俺最近、ほんとこの階段でやらかしてて!!ごめん、保健室にタオルあるかな、」

慌てて謝ると頭から花瓶の水をかぶった女子生徒と目があった。
あ。これは、やばい。

2年の甘野さんだ。甘野って名前の癖に甘さが皆無だって噂の。ほとんどしゃべらないって噂の。表情筋が死滅してるって噂の。
やばい、怒ってくれるならまだいい。甘野さんタイプはこっちの罪悪感が半端じゃなくなるパターンだ。無表情だ。でも美人だ。

「あ、制服も濡れちゃってる!!!ごめんね、ほんと、着替えも保健室に……あ、まのさん?」
俯いた甘野さん。どうしよう。これ、言ったらアレだけどめんどくさいパターンに、なるんじゃ………
「!?」
「てめえ、」

あ、れ?

「俺様に水ぶっかけるたぁいい度胸じゃねえか!!!!!歯ァ食い縛れ!!」

甘野さんから胸倉つかまれて、低い声でそう言われた。あれ?
彼女は本当に甘野さん?甘野って名前の癖に甘さが皆無だって噂の?ほとんどしゃべらないって噂の?表情筋が死滅してるって噂の?そのくせに美人だって噂の?高嶺の花だって噂の?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中