カラフルなアイス


「カラフルなアイス」

著:17chan

■あらすじ

なんてことはない、いつも通りの日常です。

それは緩やかに、そして確実に進んでいきます。

 

==========================

 

『今日は会える?』

 

誘うのはいつも彼女からで、そしていつも突然だった。

 

『18時に駅前で』

 

学校が終わる頃に待ち合わせるので、晩ご飯を食べるところから始まる。

冬はもうそこまで来ていて冷たい風が頰を撫ぜる。

 

「お待たせ」

 

少しだけ遅れて来た彼女は薄着で寒そうにしている。

 

「今日はラーメンを食べよう」

 

デタラメに歩いて最初に見つけたラーメン屋に入ることになった。

しかしラーメン屋は見つからず、気づけば1時間も歩いていた。

結局駅前のラーメン屋で済ませることになった。

 

「よく歩いたね」

 

お店に入り一息ついたところで鼻を赤くした彼女が言った。

二人で同じものを頼み、ほうれん草が入ったとんこつのラーメンを啜った。

店内ではテレビが流れていた。お笑い芸人がクイズに答えるバラエティ番組のようだ。

川柳の最後の5文字を当てる企画らしい。

 

『歳をとり トイレとあの世 ◯◯◯◯◯』

 

それまでぼんやりとテレビの画面を眺めていた彼女が、何か閃いたようにハッとした。

 

「わかっちゃった」

 

したり顔でそう言うと、とんこつスープを飲み干した。

テレビの中の出演者たちはうんうんと唸りながら答えを考えている様子だ。

彼女はそんな彼らを愉快げに見つめ「ばかだなぁ」なんて呟いている。

正解発表の直前でコマーシャルが流れ出す。

 

「私が正解したらアイス奢ってよ」

 

申し出を承諾する。与えられた選択肢はイエスしかないことを知っている。

 

「今日は冴えてるな」

 

そして彼女が自信満々に答えた最後の5文字は見事に正解で、コーンに乗った2段のアイスを奢ることになる。

CMはまだ終わらない。落ち着かない様子でテレビの画面を睨む彼女が「やっぱりね!」と声を上げるまで30秒とあと少し。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中